1. HOME >
  2. 調査・対策について >
  3. 調査・対策の流れ

土壌調査・対策について

調査・対策の流れ

ランドソリューションは、不動産取引と土壌汚染問題に関わる第一人者として長年にわたって蓄積された経験と技術を活かし、お客様の土地の調査から浄化対策、その先の不動産取引に至るまでワンストップでお手伝いします。

土壌調査・対策の流れ
フェイズ1.5 簡易状況調査

資料等調査

対象地についての情報を収集し、土壌汚染リスクについて資料ベースで評価します。


フェイズ2 概況調査

資料等調査で確認された土壌汚染リスクに応じた密度で対象地の表層土壌を調査し、土壌・地下水中の揮発性有機化合物(VOC)、重金属等・農薬等や油分による汚染の有無をスクリーニングします。

  • 揮発性有機化合物の調査

    「土壌ガス調査」
    土壌中から揮発してくるVOCガス成分を採取・分析し、土壌ガスの平面分布を把握します。何らかのガスが検出された場合には、次段階でボーリング調査の計画を立案します。

  • 重金属等・農薬等の調査

    「表層土壌採取および評価」
    10m格子単位区画毎に1地点、もしくは30m格子毎に複数地点均等混合法により表層土壌を採取・公定分析し、対象エリアの汚染状況を評価します。


フェイズ2 詳細調査

概況調査で汚染が確認された範囲について、深度方向のボーリング調査を行って汚染範囲の三次元分布を把握し、最適な浄化対策を計画します。


土壌汚染対策

「土壌汚染対策」へ 


このページの上へ