1. HOME >
  2. 土壌汚染とは

土壌汚染とは

土壌汚染とは

土壌汚染とは、工場等にて使用された有害な化学物質や排水等が地表面から浸透し、土壌に蓄積されている状態をいいます。地下水を通じた汚染の広域拡散につながるケースも多くみられ、様々な経路で人の健康に影響を及ぼす可能性が指摘されています。

また、工場などが立地しない土地であっても、盛土や埋立てなど敷地内に持ち込まれた土壌が汚染されている場合もあり、不動産の開発や建設工事の際の大きなリスクとなっています。

土壌汚染とは

≪特徴≫

土壌汚染の可能性

汚染可能性のある土地とは

目に見えにくい土壌汚染は、大きなリスクをはらんでいます。

土壌汚染は土地の表面上ではなく、目に見えない土壌中で発生します。従って不動産の売買契約時には発見されず、開発計画開始後に行政の事前検査や工事中に発見されることが多くあります。その場合、当初の計画以上の浄化費用や必要期間が発生し、計画中止を余儀なくされる場合もあるため、早い段階でのご相談や正確な調査が肝要です。

私たちランドソリューションは、土壌汚染における不明瞭なリスクを豊富な経験と多彩な技術を駆使することで明確に「定量化」し、環境面、資産面を考慮したソリューションを提供いたします。取引関係者全てのリスクに対する不安を取り除き、不動産の流動化を促進いたします。
このページの上へ