1. HOME >
  2. 調査・対策について >
  3. リスクコミュニケーションとは

調査・対策について

リスクコミュニケーションとは

「隣の土地で土壌汚染が見つかった!」と聞いて、あなたは何を想像しますか?

土壌汚染があるからといって必ずしも健康被害があるというものではありません。土壌汚染リスクは何であるか、またどういう場合に健康被害が生じるかを正しく伝えて、関係者の理解を得ることをリスクコミュニケーションといいます。
土壌汚染問題におけるリスクコミュニケーションとは「利害関係者が土壌汚染リスク等に関する情報を共有し、相互に意志疎通を図って土壌汚染対策を円滑に進めていくための手段」であるといえます。
これは、汚染された土壌から生じる健康リスクについて、汚染原因となった事業者や汚染の報告を受ける行政だけではなく、その影響を受ける可能性がある周辺住民も含めて全ての利害関係者が情報を共有し、リスクを低減するための具体的な方法について、特に住民の理解を得た上で、汚染除去等の措置を実施していくという必要不可欠なプロセスであるということです。 事業者にとって、企業のCSRの重要性が増す中、情報公開の方法やタイミングを間違えるとかえって問題が大きくなり、解決までが長期化してしまう可能性があります。また、住民説明会などにおいても住民の不安を煽ることのないように適切な説明が求められます。
ランドソリューションはこれまでに13千件を超える調査・対策を実施し、リスクコミュニケーションを行う上で必要な、行政との協議や住民説明会の実施などについて豊富な実績・ノウハウを保有しております。
我々は、これまでの実績をベースに事業者の方針に基づいたリスクコミュニケーションの進め方をご提案し、行政と協力し住民の理解が得られるサポートをご提供いたします。

リスクコミュニケーションのイメージ

リスクコミュニケーションのイメージ

このページの上へ