1. HOME >
  2. TOPICS >
  3. 環境省;水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準の見直しと
    水域類型の指定の見直しが答申されました

環境省;水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準の見直しと水域類型の指定の見直しが答申されました、平成27年12月14日


生活環境の保全に関する環境基準として底層酸素量と透明度の追加が、中央環境審議会長より答申され、先だって行われた意見募集の結果が公表されました。詳しくは下記環境省のHPをご覧ください。

環境省HP:http://www.env.go.jp/press/101783.html


また、生活環境の保全に関する各水域の水域類型指定及び暫定目標の見直しについても、中央環境審議会長より答申され、先だって行われた意見募集の結果が公表されました。詳しくは下記環境省のHPをご覧ください。

環境省HP:http://www.env.go.jp/press/101778.html

今後、環境大臣の承認を経て、法令の改正が行われます。底層酸素量と透明度の環境基準達成のためにどのような施策が講じられるか、注目したいと思います。
ランドソリューション㈱
橋本正憲
伊藤恵子
わたしたちはお客様に的確なアドバイスをできるよう、常に環境に関する法律の改正や行政動向を注視しています。お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ
このページの上へ