1. HOME >
  2. TOPICS >
  3. 環境省;トリクロロエチレンの水質環境基準強化に関する「水質汚濁
    防止法施行規則等の一部を改正する省令」が公布されました

環境省;トリクロロエチレンの水質環境基準強化に関する「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令」が公布されました、平成27年10月7日


(1)改正の経緯と概要

「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令」が平成27年9月18日公布され、平成27年10月21日から施行されることになりました。
今回の省令改正は、トリクロロエチレンについて、排水基準を0.3mg/Lから0.1mg/Lに、地下水の水質の浄化措置命令に関する浄化基準を0.03mg/Lから0.01mg/Lに強化するものです。
なお、本省令改正は、中央環境審議会から環境大臣への答申「水質汚濁防止法に基づく排出水の排出、地下浸透水の浸透等の規制に係る項目の許容限度等の見直しについて(答申)」(平成27年4月21日)を踏まえたものです。

トリクロロエチレンに関する基準値の改正
基準 改正後の基準値 改正前の基準値
排水基準 0.1 mg/L以下 0.3 mg/L以下
地下水の浄化措置命令に関する浄化基準 0.01 mg/L以下 0.03 mg/L以下

(2)施行期日

平成27年10月21日

(3)適用猶予

トリクロロエチレンについての改正後の排水基準は、施行期日以後に新たに特定事業場となる事業場には直ちに適用されますが、既設の特定事業場(設置の工事をしているものを含む。)については、改正省令施行の日から6月間※1(水質汚濁防止法施行令別表第3に掲げる施設を設置している特定事業場については1年間※2)は適用されず、従前の排水基準が適用されます。

※1:平成28年4月20日まで ※2:平成28年10月20日まで

今後、排水基準や土壌汚染対策法に係る基準の見直しが行われます。
ランドソリューション㈱
橋本正憲
伊藤恵子
わたしたちはお客様に的確なアドバイスをできるよう、常に環境に関する法律の改正や行政動向を注視しています。お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ

関係資料

このページの上へ