1. HOME >
  2. TOPICS >
  3. 環境省;中央環境審議会・水環境部会(第35回)を傍聴しました

環境省;中央環境審議会・水環境部会(第35回)を傍聴しました、平成26年9月12日


標記の部会が、平成26年9月11日に開催されました。議事は次の通りです。

(1)水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直しについて
(2)水生生物の保全に係る水質環境基準の類型指定について
(3)水質汚濁防止法に基づく排出水の排出、地下浸透水の浸透等の規制に係る項目の許容限度等の見直しについて
(4)第8次水質総量削減の在り方について(諮問)
(5)総量削減専門委員会の設置について
(6)地下水未然防止小委員会の廃止について
(7)報告事項
・1,4-ジオキサンに関する暫定排水基準の見直しについて
・水環境における放射性物質モニタリングについて

傍聴メモ
(1)トリクロロエチレンの公共用水域における水質環境基準(案)が承認されました。
現行基準;0.03 mg/L以下 新基準(案);0.01 mg/L以下
(2)3海域の水質環境基準の類型指定(案)が承認されました。
1)播磨灘北西部 2)備讃瀬戸 3)燧灘東部
(3)カドミウムの排水基準等の見直し案が承認されました。
基準 現行基準 新基準案
排水基準 0.1 mg/L以下 0.03 mg/L以下(強化)
地下浸透要件 0.001 mg/L未満 0.001 mg/L未満(据置)
地下水の水質の浄化命令に関する浄化基準 0.01 mg/L以下 0.003 mg/L以下(強化)
なお、金属鉱業、非鉄金属第一次製錬・精製業、非鉄第二次製錬・精製業(亜鉛に係るものに限る)、溶融めっき業(溶融亜鉛めっきを行うものに限る)については暫定排水基準が設定する案となっています。
(4)総量削減専門委員会を設置し、地下水汚染未然防止小委員会を廃止する案が承認されました。

土壌汚染対策法関係では、トリクロロエチレンとカドミウムの基準強化について今年度から検討が開始されます。
ランドソリューション㈱
橋本正憲
伊藤恵子
わたしたちはお客様に的確なアドバイスをできるよう、常に環境に関する法律の改正や行政動向を注視しています。お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ
このページの上へ