1. HOME >
  2. TOPICS >
  3. 環境省;「土壌の汚染に係る環境基準について」等の一部改正について

環境省;「土壌の汚染に係る環境基準について」等の一部改正について、平成26年3月31日


平成26年3月20日、「土壌の汚染に係る環境基準について」(平成3年環境庁告示第46号)の一部改正について告示がなされ、「1,1-ジクロロエチレン」の土壌環境基準が0.1 mg/L以下に改正されました。また、測定方法についても告示改正がなされています。これらは同日付で施行されています。
改正の概要は、以下のとおりです。

  • 1,1-ジクロロエチレンの土壌環境基準の改正(環境省告示第44号)
    「土壌の汚染に係る環境基準について」の別表「1,1-ジクロロエチレン」の項の環境上の条件について、検液1リットルにつき「0.02mg 以下であること」が「0.1mg 以下であること」に改正されました。
    (旧基準) 0.02 mg/L以下 ⇒ 【新基準】 0.1 mg/L以下

  • 日本工業規格(JIS)K 0102 の改正に伴う測定方法の改正
    (環境省告示第45~47号)

    日本工業規格(JIS)K 0102(工場排水試験方法)は平成25年9月20日付で改正され、新たな試験方法が導入されています。この改正を受け、カドミウム、シアン、鉛、六価クロム、ふっ素の測定方法が改正されました。

また、「公共用水域水質環境基準、地下水環境基準、土壌環境基準及び排水基準等に係る告示の一部を改正する告示」が公布されており、「1,1-ジクロロエチレン」の地下水環境基準は0.1 mg/L以下に、排水基準は1 mg/L以下に改正されました。

現在、土壌汚染対策法の指定基準の見直し及び見直しに伴う土壌汚染対策法の制度・運用の課題と対応について、中央環境審議会・土壌農業部会土壌制度専門委員会で検討が行われています。
ランドソリューション㈱
橋本正憲
伊藤恵子
西方美奈子
わたしたちはお客様に的確なアドバイスをできるよう、常に環境に関する法律の改正や行政動向を注視しています。お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ

関係資料

このページの上へ