1. HOME >
  2. TOPICS >
  3. 環境省;土壌環境基準、地下水環境基準、地下水に含まれる調査対象
    物質の量の測定方法の改正(案)に対する意見募集

環境省;土壌環境基準、地下水環境基準、地下水に含まれる調査対象物質の量の測定方法の改正(案)に対する意見募集(平成25年9月20日(金)から10月21日(月)まで)、平成25年9月25日


平成25年9月20日付で、標記の意見募集が開始されました。
これは、日本工業規格JIS K0102(工場排水試験方法)が平成25年9月20日付で改正されたことを受けてのものです。改正(案)は主に新しい分析法の追加です。
次表に改正(案)の概要を示します。

告示改正(案)の概要
告示改正(案)の概要

注1 公:公共用水域の水質汚濁に係る環境基準の測定方法
(昭和46年12月環境庁告示第59号)
注2 排:排水基準に係る検定方法(昭和49年9月環境庁告示第64号)
注3 土:土壌の汚染に係る環境基準の測定方法(平成3年8月環境庁告示第46号)
注4 調:地下水に含まれる調査対象物質の量の測定方法
(平成15年3月環境省告示第17号)
注5 溶:土壌溶出量調査に係る測定方法(平成15年3月環境省告示第18号)
注6 含:土壌含有量調査に係る測定方法(平成15年3月環境省告示第19号)
注7 地:地下水の水質汚濁に係る環境基準の測定方法
(平成9年3月環境庁告示第10号)
注8 浸:特定地下浸透水の有害物質による汚染状態の検定方法
(平成元年8月環境庁告示第39号)
注9 浄:地下水の水質の浄化基準及び削減目標に係る測定方法
(平成8年9月環境庁告示第55号)
引用元:環境省報道発表資料 平成25年9月20日

土壌溶出量基準、土壌含有量基準及び地下水基準の測定方法についても追加されました。
ランドソリューション㈱
橋本正憲
伊藤恵子
西方美奈子
わたしたちはお客様に的確なアドバイスをできるよう、常に環境に関する法律の改正や行政動向を注視しています。お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ

関係資料

このページの上へ