1. HOME >
  2. TOPICS >
  3. 東日本大震災による津波の被災地における土壌調査結果が公布されました

東日本大震災による津波の被災地における土壌調査結果が公布されました、平成25年6月13日


平成25年6月11日、環境省より標記の調査結果が公布されました。

東日本大震災による津波の被災地については平成23、24年に調査が実施されていましたが、津波等由来や人為的原因による土壌汚染が考えられた3地点について第三次調査が実施されました。

調査地点と調査結果解析の概要は次のとおりです。

① 北沼港湾運動公園(青森県八戸市)
鉛汚染の原因は津波によるものではなく、大気由来及び盛土由来の可能性が考えられる。
② 江名市民サービスセンター(福島県いわき市)
鉛汚染の原因は津波によるものではなく、また、大気によるものではなく、廃棄物由来もしくは盛土由来と考えられる。
③ 本吉町大谷305(宮城県気仙沼市)
ヒ素汚染の原因は津波によるものではなく、盛土由来と考えられる。

なお、3地点とも近隣において飲用井戸がないことを確認しています。

詳しくは、下記の関係資料をご覧下さい

津波被災地についても土壌汚染対策法が適用されますので、ご注意下さい。
ランドソリューション㈱
橋本正憲
伊藤恵子
わたしたちはお客様に的確なアドバイスをできるよう、常に環境に関する行政動向や情報を注視しています。
お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ

関係資料

このページの上へ