1. HOME >
  2. TOPICS >
  3. 環境省 土壌汚染対策法政省令パブリックコメント募集

環境省 土壌汚染対策法政省令パブリックコメント募集、平成23年2月22日


土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令案等の概要に対する意見募集(パブリックコメント)について(お知らせ)(環境省HPより)

環境省は、平成23年2月22日に「土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令案等の概要に対する意見募集(パブリックコメント)について」を発表しました。

改正土壌汚染対策法については、平成22年4月1日から全面施行されているところですが、環境省では土壌汚染による人の健康被害の防止という法目的を確保しつつ、法の円滑かつ適切な施行を図る観点から、「土壌汚染対策法施行規則」及び「汚染土壌処理業に関する省令」の一部改正並びに「埋立地管理区域において土地の形質の変更を行う場合の施行方法の基準(環境省告示)」の制定を予定しております。
環境省が本案について広く国民の皆様から御意見を集め、今後の検討材料とするため意見の募集(パブリックコメント)を実施します。

パブリックコメントの対象となるのは、上記答申のうち省令に規定すべき事項である「土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令案」及び「汚染土壌処理業に関する省令の一部を改正する省令案」及び「埋立地管理区域において土地の形質の変更を行う場合の施行方法の基準の案(環境省告示案)」の概要となります。

パブリックコメントの募集期間は平成23年3月23日までとなっています。


(意見公募対象[1])土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令案の概要
(意見公募対象[2])汚染土壌処理業に関する省令の一部を改正する省令案の概要
(意見公募対象[3])埋立地管理区域において土地の形質の変更を行う場合の施行方法
【別添図―1】形質変更時要届出区域における区域の分類
【別添図―2】土壌汚染状況調査の省略を行った区域における認定調査の方法
【別添図―3】埋立地管理区域において土地の形質の変更を行う場合の施行方法

このページの上へ