1. HOME >
  2. リスクヘッジ機能
土壌汚染リスクを引き受け、スムーズな土地取引を実現

リスクヘッジ機能

ランドソリューションは、土地の調査から浄化、運用までの一貫したサポート体制と、長年の実績データベースからなるリスク定量化システムを活用したリスクヘッジ機能を提供しております。

リスクヘッジ機能1 保証機能

リスクヘッジ機能1

当社は、2001年の設立当初より土壌汚染に関わる様々な保証サービスをお客様にご利用いただいています。 土壌汚染のリスクは、地中にあり目に見えないことから定量化が難しく、国内で保証サービスを提供する企業は多くありません。
当社は約1万件を超える調査・対策実施事例のデータベースを用いて汚染リスクを定量化。データを基に算出された保証料で、浄化工事とそれに関する費用、浄化後のモニタリングまでを保証するため、安心してお任せいただけます。
これまでにも多くの事例で土壌汚染浄化工事と共に保証機能をご利用頂いており、スムーズな不動産取引に貢献しています。

ランドソリューションが提供する保障スキーム

調査
調査結果「シロ」保証
調査の結果、「土壌汚染なし」と判定されたにもかかわらず、新たな汚染が発見された場合に、LS社が無償で浄化工事を実施します。
浄化
コストキャップ保証
実際の浄化コストが、LS社が提示した浄化見積り額を超過した場合に、当該超過部分をLS社が負担します。
浄化後
浄化後「シロ」保証
浄化対策後のモニタリング期間中等に、新たな汚染が発見された場合に、LS社が無償で追加対策工事を実施します。
将来浄化
浄化費用 長期コストキャップ保証
将来実施する浄化対策について、浄化コストを保証します。

当社が提示した浄化見積り額を最終的な浄化コストが超過した場合に、当該超過部分を当社が負担します(コストキャップ保証)。また、事前調査や浄化対策の結果、「汚染なし」と判定された土地に汚染が見つかった場合は、当社が工事を無償で請け負います(「シロ」保証)。
これらの機能を利用することにより、早い段階で汚染浄化の最終コストが確定でき、事業計画の見通しが立てやすくなります。
※保証付与に関しては一定の条件を必要といたします。

このページの上へ