1. HOME >
  2. 調査・対策について >
  3. 土壌汚染対策

調査・対策について

ニーズに合わせた提案事例

最適な対策提案で浄化コストを最小化

【事例概要】

【ランドソリューションによる提案】

※ポイント※

  1. ①完全浄化案では、高額すぎて売買が成立しない⇒コストを圧縮する必要があった。
  2. ②将来の土地の利用用途を考慮し、完全浄化でなくとも、リスクコントロールができれば土地の売買は可能と判断。
  3. ③法令の適用を受けない自主的な調査・対策であったが、土壌汚染対策法に準拠した対策工法(不溶化+封じ込め)を採用し、買主に対して完全浄化以外の対策手法を認めてもらうことが出来た。

不溶化+封じ込め対策イメージ

このページの上へ

コストキャップ保証によりスムーズな不動産取引を実現

【事例概要】

【ランドソリューションによる提案】

【ご提案の結果】

【ポイント】

①対策工事が完了するまで事業計画の調整を図っていたら、事業拡大の好機を逃していた可能性があった。
②費用と期間が保証されていたため、売主、買主双方に安心頂ける内容にて作業が進められた。

コストキャップ保証の内容

このページの上へ

汚染地買取で土地所有の方のリスクをヘッジ

【事例概要】

【ランドソリューションによる提案】

【ポイント】

(売主にとっての効果)
①土壌汚染問題に関わるリスクの大半を売却時に遮断でき、かつ売却後の瑕疵担保責任を極小化することが出来た。
②「土壌汚染問題」に係る行政折衝・近隣住民対応への負担および管理責任を大幅に軽減できた。
③土地の売却代金を早期に回収できた。
④SPCが土地を長期保有することで、低コストの対策工法を選択することができ、結果、売主からSPCへの土地売却を高値で行うことができた。
(買主にとっての効果)
⑤土壌汚染対策済みの土地を購入するので、土壌汚染問題に煩わされずに済んだ。

コストキャップ保証の内容

このページの上へ