1. HOME >
  2. 調査・対策について >
  3. コンサルティングについて

調査・対策について

コンサルティングについて

ランドソリューションは、不動産取引や土地活用などの様々なシーンにおける土壌汚染問題でお悩みの皆様に対し、問題解決のためのサポートをさせていただいております。 土壌汚染対策法や自治体条例の適用をうけて実施する調査・対策は、指定調査機関の登録を受けてさえいれば、行政の指導を仰ぎながら調査ガイドラインやマニュアル等を参考にして誰でも一通りは実施することが出来ます。
ただ実際には、法や条例に該当しない案件も多く、事業者の目的やプロジェクト固有の事情(予算・期間)などの要素も様々であり、一つとして同じ案件はありません。また、プロジェクトが進行してから問題が表面化したり、当初想定もしていなかったことが発生したりすることもしばしばあります。
ランドソリューションは、そのような問題に直面し、お困りのお客さまに対し、これまでの豊富な実績・経験をもとに、相談者の皆様の目線に立った最適解をご提供させていただいております。

相談の一例

相談者相談内容
土地所有者A自主的に調査を行い土壌汚染が判明したが、今後どうすればよいのか?行政や住民にはどのような対応をすればよいのか?
土地所有者B油が漏洩して土中に染み込んでしまった。どのような対応をとればいいのか?
土地所有者Cゼネコンが浄化工事を行う予定だが、第三者として施工監理をしてほしい。行政協議や住民対応もお願いしたい。
土地所有者Dメーカーに貸していた土地を返却してもらうことになった。土壌について何か注意しておくことはあるか?
土地所有者E資産除去債務の計上にあたり、全国の事業所を対象に土壌汚染リスクを見積りたい。どのような方法があるか?
土地所有者F土地の購入時、売却時、賃借時、返却時に応じた土壌調査および対策の社内ルールを作成したい。
開発事業者A開発工事中に地中から多量の廃棄物で出てきてしまった。どのような対応を取ればいいのか?
開発事業者B自然由来の基準超過が出易い地域だと聞いている。開発工事を行うにあたり注意すべきことは?
開発事業者C事業を行うにあたり土地を造成する予定だが、何か注意することはあるか?
不動産仲介業者A土地所有者が実施した調査・浄化の報告書があるが、内容は本当に大丈夫なのか?
不動産仲介業者B買主に土壌汚染の存在を重要事項で説明する必要があるが、調査報告書の内容が難しくて良く分からない。
M&A仲介業者AM&Aの対象企業の土壌汚染リスクをどのように考えたらよいのか?リスクの定量化について教えてほしい。
マンション管理組合Aマンションの駐車場を改築しようと考えているが、何か注意することはあるか?
このページの上へ